追憶のParis<5>


パリの街角
今日も雨でした 明日も雨だそうですが 
雨が続いて少しうんざりしています
つれづれなるままに
 3年前の11月のパリの風景を投稿します
11月になって 日暮れが早くなる頃になると
無性に パリの夕暮れの寒々とした風景が思われます

c0362972_22135965.jpg
ノートルダム寺院の上階からのパリ市街です
c0362972_22205950.jpg
こうして眺めるとパリ市街とセーヌの景観は本当に美しい
c0362972_22214876.jpg
モンマルトルの坂道 
ピンクの家屋はカフェ メゾンローズです
モンマルトルの画家 ユトリロは
ほとんど一生をこの丘で過ごしました
あの哀愁に満ちた作品は このような風景から生まれました
c0362972_22223726.jpg
 下町のカフェのテラス  マレ地区
c0362972_22231311.jpg
下町の路上で小さな作品を描き 売る青年
c0362972_22241151.jpg
サンジェルマン デプレ教会横の小公園で
ピカソ作 詩人アポリネール像
女性かと見えますが 男性像です
ピカソとアポリネールは親友でした
c0362972_22243922.jpg
セーヌの河岸 古書店あたりの情景です
c0362972_22251779.jpg
古書店の店頭です この店は画集が多いようです
c0362972_22254975.jpg
歌手 セルジュ ゲンズブールの自宅の外壁の落書きアートです
すでに故人ですが 今でも人気は衰えずと思われます
c0362972_22263288.jpg
パレ ロワイヤル(王宮)の回廊
もうすっかり寂れています
ルーブル美術館に近く パリの中心地ですが
こんなところもあります
アウトフォーカスですが 面白くボケているので・・・
c0362972_22270572.jpg
これもこの王宮の回廊で
ちょっとドッキリする情景です
もともとこの王宮の広場は
フランス革命の発端となった集会のあった場所で
そんなことを思ってしまいましたョ
c0362972_22312588.jpg
パサージュ 19世紀のガラス屋根付き商店街です
パリには今でもこのようなパサージュが5・6か所あります
中には化石のように19世紀の雰囲気そのままのところも・・・
この書店は古い雰囲気を残して
美しく改装されています
c0362972_22322544.jpg
カルチェラタンの夜のカフェテラス
c0362972_22372124.jpg
サンジェルマン近くの下町 ビュシ通りです
正面中央あたりのとても古いアパートを
しばらく借りていました
階段下に男性トイレがあり
 今風の便器はなく 紐をひっぱると水が流れる式
 のものでした
c0362972_22380658.jpg
セーヌ越しに観る 夜のパリ市庁舎です
1871年頃の内戦で火災に会いましたが
その後 以前と同じように再建されています
革命 内乱 など多くの歴史的事件の現場ともなりました
手前の水面をゆっくりと はしけがゆきます


数日前のテロ事件は大変驚きました
このような事件が根絶されることを願うばかりです


by galerie7777 | 2015-11-18 00:34 | 街 風景 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 名残の秋(1) 秋を探して<10-2> >>