追憶のParis<6>


パリの街角
花がない時節なので
 パリ <セーヌ通り>を投稿します
セーヌ通りはサンジェルマン大通りと
セーヌ川を結ぶ19世紀を感じさせる古い通りです
ある日本人がこの通りには江戸時代がある
と言ったそうですが 何となくその感じはわかります

c0362972_23073295.jpg
夜明け前のセーヌ通りの情景
深夜に出されたゴミ容器
午前5時はまだ夜中です
c0362972_23083750.jpg
アパートを出るとすぐ
このけだるい表情のケイト・モスさんに
出くわします
この道を右に折れるとセーヌ通りです
これからセーヌ川の夜景を撮りに行きます
c0362972_23093720.jpg
しばらくしてこのギャラリーの前に
通り掛ります
写真のギャラリーです
暗い通りから覗くと少し異様です
昼間通るとベスパのシートの上に
ワイングラスが置いてあったりします 意味不明
c0362972_23104103.jpg
ギャラリーの前の街路に
こんな写真の紙片が落ちていたりします
c0362972_23111189.jpg
意味不明です
c0362972_23120794.jpg
少し歩くと絵画のギャラリーに通りかかります
右手に 着物の裾をくわえて引く犬と男の
何となくシュールな作品が展示されています
この通りの1本裏の ボナパルト通りに
国立美術学校があるため セーヌ通りには
絵画や写真 彫刻などのギャラリーが多いです
c0362972_23140028.jpg
セーヌ通りの小さな酒屋ですが 果物も並べています
右の人と犬は
早朝の散歩に出かけるのでしょう
c0362972_23170751.jpg
左手がセーヌ通り 狭い通りです
路上駐車とゴミ容器で余計に狭い
右へ折れるとヴィスコンティ通りです
c0362972_23183376.jpg
セーヌ通りの裏手あたりにある
フュールスタンベール広場
パリで一番小さな広場と言われています
静かで美しい広場です
この広場の一角に ドラクロワ美術館があります
c0362972_00145795.jpg
昼間の ドラクロワ美術館の中庭です
右手の建物が美術館です
元はドラクロワの住居であった建物を
国が買い上げ 規模は小さいですが
国立の美術館としています
c0362972_23224712.jpg
昼間のセーヌ通りです
c0362972_23233335.jpg
カフェ パレット
昔は画学生のたむろするカフェ
だったそうですが 今は観光客が多い
c0362972_23241295.jpg
パリの街路の歩道は大抵狭い
この大柄なカップルの様に
一人は車道を歩くことになる
(平成12年2月 11月)


ご訪問ありがとうございます。


コンタックスG2+28mm


by galerie7777 | 2016-02-13 00:59 | 街 風景 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 春・遊歩 遊歩ー梅園を歩く(2) >>