カテゴリ:街 風景( 40 )

 

いにしえのパリ<22>

サンマルタン運河(2)

c0362972_22483308.jpg

メトロ駅近くの運河の広場
このあたりでは メトロは地下でなく
高架橋の上を走っています

c0362972_22492195.jpg

休日には水辺を求めて
若者が河畔に集まって来ます

c0362972_22495398.jpg

パンとワインでちょっとしたピクニックです

c0362972_22503352.jpg

静かな水辺で読書する人

c0362972_22510459.jpg

サンマルタン運河の
ゆったりとした水の流れは
セーヌ河とは異なり 
落ち着いた趣きがあります

6月 2009
M6 +35mmF2


by galerie7777 | 2017-03-29 23:27 | 街 風景 | Comments(0)  

いにしえのパリ<20>

「パリ市植物園の桜とケシ」
植物園はルイ十三世の時代に
薬草園として創設されました
4月になって花壇にケシが盛りを迎え
遊歩道の両側ではプラタナスが
一斉に若葉を茂らせています
c0362972_23024362.jpg
正面奥の建物は国立自然史博物館です
c0362972_23043025.jpg
植物園の桜
50年ほど前にスモモの木に
日本の山桜を接木して育てられました
八重桜に似て 豪華な花姿ですが
花の重みで枝が地面に垂れています
c0362972_23051899.jpg
(私は以前 大島桜と思っていたのですが
最近 この植物園に関する書物で
接木であることがわかりました)
c0362972_23063432.jpg
モノクロなのでわかりませんが
華やかな赤や黄色のケシの花
c0362972_23071976.jpg
c0362972_23075303.jpg
八重どころか 十二ひとえに着飾った桜
という印象です


コンタックスG+28mm F2.8
4月 2010

by galerie7777 | 2017-03-16 00:33 | 街 風景 | Comments(0)  

いにしえのパリ<19>

パリ東部のレンガ倉庫街
その名も ベルシーヴィラージュと言います
ベルシー公園のすぐそばの倉庫街です
昔のワイン倉庫を外観はそのままにして
内部をショッピングモールに改造していて
街の印象としては 神戸・ハーバーランドの
モザイクに似ています

c0362972_23103626.jpg
ショッピングモールの出入口
c0362972_23105978.jpg
石とレンガの重厚な倉庫建築です
c0362972_23123087.jpg
今にも雨になりそうな空模様です
c0362972_23125547.jpg
夕暮れ時 
c0362972_23132478.jpg

ショップの中は明るいが 全体として通路は暗い

c0362972_19501367.jpg

この辺りはレストランが多いです

c0362972_23135752.jpg
通路にせり出したカフェレストラン
c0362972_23142443.jpg
照明を落として
落ち着いた雰囲気のレストラン
c0362972_23145017.jpg

ショッピングモール内の通路では 小規模ですが
写真作品を展示しています

4月 2010
コンタックスG2+28mmF2.8


by galerie7777 | 2017-03-06 23:56 | 街 風景 | Comments(0)  

いにしえのパリ<17>

 ベルヴィルはパリ東北部の
小高い丘にあります
アフリカ 東ヨーロッパ アジア
などからの移民の人々が多く暮らす街です
ここでは フランス人は少数派です

c0362972_22431732.jpg

市街地の裏手に来ると
このような田舎のような家屋も
あちこちに見られます

c0362972_22440974.jpg

表通りで 何か看板つけの作業中?
と思ったのですが これもストリートアートでした

c0362972_22434294.jpg

ストリートアートは 窓ぎわにも

c0362972_22450475.jpg

アパートの壁にも

c0362972_23142277.jpg
ゴミ容器にも
c0362972_22470128.jpg

この通りでは 両側の建物の壁は
すべてアートで覆われています
大掛りなストリートアートが
この地域の特色です

2月 2012
コンタックスG2+28mmF2.8


by galerie7777 | 2017-02-20 23:29 | 街 風景 | Comments(0)  

いにしえのパリ<16>

パリ東北部
冬のペールラシェーズ墓地を歩く
c0362972_08312832.jpg

墓地は死者の魂の休息の場所ですが

c0362972_08324126.jpg

静かに散歩する人々もいます
この墓地は緑が多いので
モンマルトルやモンパルナスの墓地に比べて
散策に適しています

c0362972_08333868.jpg

ゆるく長い坂道が南北に続きます

c0362972_08342680.jpg

大木の並木が年月を感じさせます

c0362972_08350537.jpg

坂道は長く続きます

c0362972_08363710.jpg

高台まで上ると
南に広がる街を眺望できます

c0362972_08381396.jpg

ペールラシェーズはパリ最大の墓地です

c0362972_22563097.jpg

1871年のパリコミューン兵と政府軍の戦いでは
最後の戦闘がこの墓地であり 
コミューン側は全滅したそうです

2月 2012
コンタックスG2+28mmF2.8



by galerie7777 | 2017-02-12 23:52 | 街 風景 | Comments(0)  

遊歩ー雨の日の姫路

朝から雨の日に
姫路城周辺を歩きました
昼頃には雨は止んだようです

c0362972_21575984.jpg
濠越しに見える城門

c0362972_21584553.jpg

姫路城 西方の姫路文学館から撮りました
この方角から見るのが好きです

c0362972_21595884.jpg
西の濠の水面に映る 城の原生林と櫓です

(180度逆転させています)
c0362972_22003609.jpg
城の西側を流れる船場川です
暖かい季節には鯉が群れ泳いでいます
私好みの風景です

EOSx4+100mmマクロ/F2.8
ご訪問ありがとうございます。


by galerie7777 | 2017-02-06 21:45 | 街 風景 | Comments(0)  

いにしえのパリ<15>

パリの西部17区の アンヴァリッド
廃兵院ともいう
ルイ14世の時代に設置された
傷病兵の治療と生活のための施設です

c0362972_20445850.jpg

4月初旬
木の芽が一斉に萌え出る頃の
アンヴァリッドの前庭です

c0362972_22524300.jpg

この庭の像は 兵士の像で
元々右手には剣を持っていたはずです
そのそばには妻や子もいて 戦争の悲惨さを示しています

コンタックスG2+28mm/F2.8
4月 2010


by galerie7777 | 2017-02-03 23:22 | 街 風景 | Comments(0)  

いにしえのパリ<14>

「うずらが丘」の情景を
もう少し上げてみます
c0362972_20323663.jpg
c0362972_20331613.jpg
c0362972_20341444.jpg

c0362972_20054715.jpg
c0362972_20344164.jpg
うまく説明できませんが
まあこんな感じの町なんです

コンタックスG2+28mm/F2.8
2月 2012


by galerie7777 | 2017-01-29 20:43 | 街 風景 | Comments(0)  

いにしえのパリ<13>

「ビュット オ カイユ」
うずらが丘 とも言います
この街の地形が うずらのこんもりした背中
に似ているのでそのように言われています
パリ南部の 石畳の多く残っている
いにしえのパリ の街並みがある地域です
こんな街にひっそりと住んでみたいものです

c0362972_23064909.jpg

c0362972_23073430.jpg

c0362972_23084218.jpg

c0362972_23092147.jpg

小さなカフェやレストランが
あちこちにあって
ストリートアートも小粋な感じです

コンタックスG2+28mm/F2.8
2月 2012


by galerie7777 | 2017-01-26 23:23 | 街 風景 | Comments(0)  

いにしえのパリ<12>

パリ東北部のいにしえのパリ

c0362972_19353449.jpg

この広告塔は相当古いです
広告の上にまたポスターなどを張り付けて
それが剝がれかかっています

c0362972_19450687.jpg

ダンスする白い男女
これは人気のある
ストリートアートの先駆者の作品です

c0362972_19494742.jpg

東北部 メニルモンタン地区の
裏通り 遠くに男女 買い物帰りでしょう
右上のアート シュールで不気味です

コンタックスG2+28mm/F2.8

4月 2010



by galerie7777 | 2017-01-24 20:43 | 街 風景 | Comments(0)